祝 舟木一夫さん芸能生活55周年
  故郷一宮でファンが開く展示会



閉館セレモニー 9月20日


9月から模様替えしました。

大きなポスターを頂きました。





舟木一夫さんの話題をお書き下さい。
チロママの掲示板

8月14日朝日新聞に掲載されました。

7月26日 中日新聞に掲載されました。

7月21日(金)毎日新聞朝刊に掲載されました。
舟木一夫さんの芸能生活55周年を地元舟友有志でお祝いする展示会を9月20日まで愛知県一宮市木曽川資料館にてやっています。

展示会の様子の動画も作りました。(BGMは舟木一夫さん歌唱の歌をつけると違反で削除されるので、みなみ蓮さん歌唱の歌をお借りしました。)
昨日のオープニングイベントの様子も動画にしました。
それから、ブルーベリーの皆さんがイベントで踊って下さった一宮七夕の歌(舟木一夫さん歌唱)の
しあわせの星ふたつ、織姫音頭は、別動画にして踊りの参考にさせて頂こうと思います。

展示会は無料です。ぜひおいでください。
お車でいらしゃる方は0586(87)3618
木曽川町商工会の電話番号を入れるとナビで案内してくれます。
木曽川資料館の電話番号を入れるとよそに行くらしい?











「舟木一夫さんのデビュー55周年をお祝いする」

 企画展実施計画について

   

@舟木一夫さんは、一宮市萩原町出身であり、昭和386月「高校三年生」でデビューして以来、

歌手として第5回レコード大賞最優秀新人賞の受賞やNHK紅白歌合戦に初出場以降9回連続出場するなど

輝かしい功績を残されています。

2016年、第1回あらえびす文化賞・特別賞を受賞

現在も、歌手としてテレビやコンサートで精力的に活躍しているほか

舞台俳優としても毎年座長公演をこなし、幅広い層から根強いファンを集めていることで知られています。

2017年は舟木一夫さんがデビューされてから55周年の記念の年です。

地元舟友達で舟木一夫さんの展示会を開催してお祝いしたいと思います。

A舟木さんの持ち歌である「幸せの星二つ」と「織姫音頭」は当市の七夕まつりでテーマ曲として使用され、

舟木さんのファンの方達は歌が流れる七夕まつりに一度は行ってみたいと思っておられます。

それで、七夕期間中を含め展示会を開催する事により

ファンの方に七夕まつりと展示会の両方を楽しんで頂ける用に企画しました。

B舟木一夫さん出演「高校三年生」や「花咲く乙女たち」は一宮市で撮影されているので

その紹介を兼ねて当時の新聞の切り抜きや写真などを展示したいと思います。

C舟木さんのファン(舟友)が長年集めたグッズの数々を展示して

舟木一夫さんの55周年を皆さんとお祝いしたいと思います。


開 催 期 間 2017年7月20日(木)〜9月20日(水)

開 館 時 間 午前9時30分〜午後5時まで(最終入館時間4時30分頃まで)


休館日 7月24日(月)7月31日(月) 8月7日(月)8月14日(月)8月21日(月)9月4日(月)9月11日(月)

通常 毎週月曜日 祝日の翌日(祝日は開館)は休館しますが28日(月)は舟木一夫さんの一宮コンサート前日なので
遠方から泊まりがけでいらしゃる方のために開館します。

場  所  一宮木曾川資料館(リンクも参考にして下さい。)

名鉄木曽川駅より徒歩5分駅を出て踏切を渡り右に曲がり線路沿いを歩くと商工会議所の西隣り)

   愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺18-1

                                   電話(0586)87−5197

木曽川資料館の詳しい行き方



名鉄名古屋駅1番ホームより新岐阜行き(注意同じホームより色んな方面の電車が出ますので新岐阜行に乗ってください。)
(特急、急行すべて止まります。)特急で20分 料金450円
時刻表はこちらをクリック
新木曽川駅を出ると踏切があります。それを渡って右に曲がり線路沿いを歩くとすぐに商工会議所の建物が見えて来ます。
その隣の大正時代の有形文化財の木造の建物が木曽川資料館です。

JR名古屋駅5番線発より東海道本線(普通)・大垣行・米原行で木曽川駅1番線下車西口より出て南に歩いて小学校のそばの
JR踏切を渡り川沿いの道を西に歩き名鉄の踏切を渡り左に曲がり少し歩くと着きます。駅から徒歩15分ぐらい。
快速に乗ったら一宮で普通に乗り換えてください。時間は約20分 料金410円

玉ちゃん撮影
昭和四十年(1965年)七月十二日(月曜日)

ご神徳もあらたか舟木一夫
服織神社へ大鈴玉


一宮市出身の人気歌手、舟木一夫が造営なった服織神社へ鈴玉を奉納
十一日午前十一時半過ぎから舟木一夫自身が出席して奉納式が行われた。
この鈴玉は直径一メートルとでかく、五色の麻紐垂れ下って新社殿に
ふさわしい立派なもの。

生田宮司らの案内でつめかけた大勢のファンに囲まれた舟木は

さっそく鈴を鳴らしてみたが、この鈴で皆さんがご神徳にあやかればーと
ニコニコだった。


舟木ゆかたを制作

夕涼みや盆踊りにはぜひーと

後援会が実費で頒つ

一宮市出身の人気歌手、舟木一夫の後援会事務局(一宮駅ビル)では、ゆかた姿で颯爽と歌いまくる舟木一夫に

ちなんで
今度粋な舟木ゆかたを制作。

夕涼みや、盆踊りに舟木ムードを売り出す事になった。

学生服を脱いだ舟木は最近では火消し若衆など、ゆかた姿でいっそうファンの声援をあつめているが、

テレビ、ステージなど舟木の和服スタイルの中から、誰にでもピッタリというゆかたの新柄三種を選び、

全国の百貨店、呉服屋さんでもいっせいに売り出すことになったが、

この夏は舟木ゆかたを流行させてみせる。と後援会は大張り切り。

 柄はヒット曲「火消し若衆」にちなんだ「まとい」をはじめ「格子」「柳につばめ」をあしらい

色は紺および新橋色(鮮やかな水色)の二種、ゆかた姿でさっそうと歌いまくる人気歌手を

彷彿させるに十分なもの。

値段は、百貨店などは一反千五百円で売り出されるというが、後援会員には九百五十円で実費頒布する。
浴衣生地を寄付して頂きました。
スタッフのしばちゃんが仕立ててくれました。見に来てね!

8月19日に吉野悦世さんが来館

第62回おりもの感謝祭 一宮七夕まつりは、
平成29年7月27日(木)〜30日(日)に開催されました。

昨年のパレードの動画です。

一宮七夕まつりのHP

貴重な昭和の七夕の写真も見れます。

9月20日おかげさまで無事展示会を終了する事が出来ました。
ありがとうございました。